So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「石原ファミリー」

わっ、もう3月だ。

年明け早々からアメリカに行ったからなのか、例年よりも月日の過ぎ方が異様に早く感じる。それとも今年で36歳になる年齢を取ったからなのだろうか。しかし、よく考えると僕がこの仕事を始めたのが97年からだから、たかだか今年で10年目。この世界ではまだペーペーの部類だ。もっといっぱい、いろんなことを経験して、知らなくてはいけない。

今年は所属するアジアプレスも設立20年目の節目にあたるので、それに合わせての何かしらのプロジェクトを考えている。先日、アジアプレスの事務所でその話をしていたら、「『しんぶん赤旗』を読まないと、日本の政治の動きがわからない」とメンバーの一人が言った。

確かにそうだ。

たとえば、今年に入って青森の米軍三沢基地から、F16戦闘機がまたイラクに出動していること。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-01-21/2007012102_02_0.html

それからイラクに派遣された自衛隊員の中からの自殺者が、さらに増えて合計7人になっていること(昨年3月の時点では5人だった)http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-01-14/2007011401_01_0.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-01-23/2007012302_01_0.html

こうしたことは、マスメディア媒体では全然報じられない。自衛隊員の自殺者の記事はこの後に「週刊ポスト」2月2日号が後追い記事を掲載したが、その内容はほとんど「赤旗」と同じで識者の談話が付け加えてあるだけだった。

石原慎太郎都知事への追及も、「赤旗」が懸命に取り上げてきて明るみに出たことが多い。石原が共産党を毛嫌いするのは当然だろう。共産党と赤旗がちゃんと石原都政の中身の「監視」をしているからだ。これは街中の「監視カメラ」では絶対に追及できない。

さて僕も東京都に住んでいる以上、都知事選の行方は非常に気になっている。正直に言えば、石原の3選だけは阻止したいと思う。逆に言えば石原以外であれば誰でもいいとさえ思うようになってきた。

20歳になってから今まで投票した選挙の類では、必ず社民党(社会党当時も含めて)か共産党の候補者に投票してきた。少なくとも自民党の候補者に投票したことは一度もない。

では、今回の都知事選はどうすればいいだろうか?

これまでどおり共産党の候補者に一票を入れるべきなのか。それとも、反石原陣営の「票割れ」を防ぐために「最も勝てそうな候補者」の前宮城県知事に入れるべきなのか。

これは難しい問題だ。

今回の選挙は前回のような石原が300万票を取ることは絶対にない。http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/data/data01_07_01.html しかし、勝敗の行方は微妙だろう。そして、僕の性格的なものなのか、取材における思考回路からなのか、いつも最初に「最悪のパターン」から予測する。そこから始める。「最初からそんなことを考えてどうするんだ!」と怒られそうだが、それでも想像してしまう。

「もし、それでも、この状況下であっても、石原が当選したら…どうする?」。

図書館で見つけたこの雑誌「リベラルタイム」 http://www.l-time.com/ をよ~く読んで、考えて、投票しようっと。

ところで、石原が脚本・総指揮の映画(5月公開)http://www.chiran1945.jp/の主題歌を誰が歌うか知ってる?この超人気グループのファンの友人はそれを知って、本当に愕然としていたな。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/37171

ついでに南京大虐殺に関する映画「南京の真実」の賛同者の人たちの名前を見てみよう。本当に勢ぞろいですねえ。これで皆さんも「石原ファミリー」。http://www.nankinnoshinjitsu.com/

彼らは徹底的、そして総動員だ。さあ、みんなで「石原ファミリー」に入ろう!

…………………………………………………
綿井健陽 WATAI Takeharu
Homepage [綿井健陽 Web Journal]
http://www1.odn.ne.jp/watai

映画「Little Birds~イラク戦火の家族たち」
公式HP http://www.littlebirds.net/
DVD発売・各地で上映中
…………………………………………………


2007-03-03 18:15  nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(2) 

nice! 1

コメント 7

コウヘイ

同感です!

僕も「赤旗」は毎日かかさず読んでいます。
by コウヘイ (2007-03-03 21:59) 

NO NAME or 虫けら

Tさんへ
前回のコメント欄をTさんが見落されるかもしれないのでこちらに書きます。
私はなるほど虫けらかもしれない。でも決して坊主憎けりゃ袈まで憎くてコメントしたわけじゃない。ウチに激しいものを秘めている綿井さんが、仲間内でしか通じない言葉でマッタリ議論しているのはもったいないと思ったからコメントに批判を書いた。批判すらしなくなってしまったら終わりだと思う。だからと言って、ためにする挑発でもなかった。本音だった。

今、論座で画期的な議論が行なわれていると東京新聞が伝えている。

★近ごろこんなに刺激的で、考えさせられた論争はない。
『論座』四月号(朝日新聞社)の“「『丸山眞男』をひっぱたきたい希望は、戦争。」http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20070302/col_____hissen__000.shtml
「『丸山眞男』をひっぱたきたい希望は、戦争。」
もはや戦争しかないんだという赤木智弘という名もないフリーターの論文が『論座』の1月号に載った。この論文を掲載した編集長はスゴイ人だと思う。そして鶴見俊輔さんが4月号で赤木智弘さんの立場に理解を示しているらしい。
(さっそく論座の1月号と4月号を注文した。久しぶりにワクワクしている。)

で、論文執筆者の赤松智弘さんのブログとホームページを探して、書いているものを読んでみた。これが面白い。

★なぜ左翼は若者が自分たちの味方になるなどと、馬鹿面下げて思っているのか
http://www7.vis.ne.jp/~t-job/base/005.html
(この左翼というところをリベラルや鳩派に置き変えてみると私には反省させられるところが多々あった。)

★『丸山真男をひっぱたきたい』で私が伝えたかった事
http://www.journalism.jp/t-akagi/2007/02/post_193.html
(これも全文読むととても素直な文章で学ぶところがあった。)

私は赤松さんの論文を読んで初めてネットウヨの心情に触れたような気がした。敵を知らないと戦いには勝てないと私は思う。
そしてどうも赤松さんの論文を読んでいると彼は敵ですらなさそうだ。戦争を止めさせたいと願っている人達はこういう人とこそ話をすべきだと思う。(気が向いたら読んで下さい)

Tさん私はこれ以上閉塞するのがイヤなだけなんだ。
by NO NAME or 虫けら (2007-03-05 05:24) 

T

NO NAMEさん
綿井さんへのコメントだけにしようと思っているのですが、お応えすべきかと。しかし、どうも書きようがありません...
一方、長らくの会社生活などからも、日本というのは「本当のこと」を言った途端に「難民」になってしまう国だとつくづく思うわけです。
また、職場でイジメに遭っている派遣社員からの相談を同僚に話すと「人間が鍛えられるなァ!(笑」と言ったりする。
イラクのことを話題にすれば「オマエも行ってこいよ!捕まって目隠しされたりして?(笑」 酒の席でしたが...
まとまりありませんが、そういうわけで件のコメントに反応した次第です。
ご紹介の記事等、チェックしてみたいと思います。
by T (2007-03-06 17:15) 

NO

Tさん、真摯に応えて頂き、ホントに有り難うございます。
まとまりがないとおっしゃいますが、とても伝わってくるものがあって。私もなんと言ったらいいやら・・・・・・
私の場合は、イラク戦争、人質問題などで「今の日本おかしいじゃないか!」と言う度に、周囲の反応の鈍さにいらだち、結果的に、同意見の人達が集う会合にばかり出席するようになりまして、しかしそういう場で同質の人達と「今の日本は絶対おかしい!」と言い合えば言い合うほど、なんか傷の舐め合いのような、なんだか自分達だけが正しいと言っているような不全感にさいなまれるようになりました。一言でいえば、自分自身がとても排他的になってしまった。却って対立構造を深めてしまったという経験がまずありました。
それで外部(いわゆる右傾化している世界)と繋がらなくてはと思いました。単純化して言えば右翼も左翼も批判すべき時は批判しようと、右翼に切実な意見があれば評価しよう、左翼が怠慢に思えたら批判しよう、そうしていけば右左の対立構造やそれに伴う排他性を崩せるのではないかと考えたのです。
しかしそうはいっても私はやはり圧倒的にリベラルと言うか中道左派で、綿井さんのような人達を批判するのは辛い。批判の矛先が自分に返って来てしまいますから恐いんです。で、それを超えてエイヤ!と批判しようとすると過剰な批判になってしまう。器のチイサイ人間が新たな試行錯誤を始めるとただ傷つけあうだけになってしまうのではないか。コレはどうにかしなくっちゃと思っていた時にTさんがコメントして下さって、有り難かった。
こういう人間ですから、きっとこれからも試行錯誤のなかで人を傷つけたり傷ついたり、また傷つくことで気づいたり色々あるんだろうと思います。そんなに簡単に成長はしないんじゃないかと・・・・・・私も全然まとまりませんね。
(文中の右翼、左翼、リベラルなどの言葉は概念のある言葉ではありません。イメージとして使いました)
Tさん、趣旨を曲げてのレス、重ねてありがとうございます。
by NO (2007-03-07 06:17) 

NO NAME

スミマセン 名前が途中で消えた(笑)
by NO NAME (2007-03-07 06:21) 

スパイラルドラゴン

こんにちは。
都知事選の世論調査を実施していますので、よろしければ清き一票を投じてください。
by スパイラルドラゴン (2007-03-10 16:13) 

通りすがり

「しんぶん赤旗」は確かに素晴らしい。
例えば、3月4日の日曜版に載った
「ディクシー・チックス、グラミー賞受賞」
そうか、世界情勢はそうなのかと感じた。
by 通りすがり (2007-03-12 01:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]